谷中の茶室で茶道体験

(貸切)

初心者の方や海外からのお客様に日本の伝統文化のすばらしさを知っていただけるよう、

1名様(+¥3,000)よりプライベートでのクラスとなります。

1 時間 2名様以上 ¥5,800/1名

10025270212335.jpg

茶人・千利休が伝えたかった「侘茶」に準じ、伝統的な侘び寂を感じていただける茶室をご用意いたしました。

伝統的で特有の狭い空間にて、「茶室では武士であろうと、天下人であろうと、みな平等に」という利休の想いを感じていただきながら、和やかな雰囲気の中、非日常的な茶道体験ができます。 「茶道体験プログラム」ですので、茶人から丁寧にご説明しながら進めてまいり、途中で気軽にご質問や撮影などをしていただけます。

外国のお客様やお子様は正座ができにくいお客様は、どうぞご遠慮なくお申し付けください。

和やかに心ゆくまでお過ごしできるようご準備いたします。また、プライベート(貸切)でご提供いたしますので、他の方を気にせず、ご家族やご友人・お仲間で和やかに体験いただけます。 

専用茶室にて茶人のお迎えから始まり、躙り口を通って茶室に上がっていただき、茶人からお点前とお菓子を一服差し上げます。

季節のお花やお軸などをご説明しながら、”侘” ”寂"の世界をお楽しみください。また、ゲストの皆さまご自身でお茶を点てていただきます。

きっと良い思い出になることでしょう。

料金

1セッション2名様以上の場合、¥5,800/1名

*1名で参加の場合+¥3,000 加算

*最大24名まで

*10名以上¥1,000 /1名割引

*料金には、体験料、(材料費、お茶菓子を含む)、写真撮影料が

 含まれます

※別途、消費税が加算されます。

所要時間

​約1時間を予定

​オプション

着物を着ての体験 +¥6,000 /1名

​持ち物

特にありません。初めての方も手ぶらでお越しください

​注意事項

*車椅子でのご参加はできません
*お子様は7歳以上からご参加できます

*開始時間の15分前までにお集まりください

*体験中はお気軽に写真撮影していただけます

 

* 駐車場のご用意はございませんので、お車でお越しの方はお近くのコインパーキング等のご利用をお願いいたします。

支払い

キャンセルポリシー

*希望体験プログラムと希望日時の確定ができ次第、お支払用のSQUARE請求書をメールにてお送りいたしますので決済をお願いいたします。クレジットカード,デビッドカードなどSQUAREの支払方法に準じるお支払いが可能です。現金払い・当日払い・後払いには対応しておりません。

*お支払いは、ご予約日時の2日前の東京現地時間17:00までに完了してください

*料金のお支払いを当方で確認が取れましたら予約完了となります

*ご予約日時の2日前の東京現地時間17:00以降にキャンセルされた場合、合計金額(税込)の100%が請求されます

オンライン予約

谷中の茶室で茶道体験(貸切)

1 時間

2名様以上 ¥5,800/1名

 

 

場所・お問い合わせ

電話番号: 03-5834-7025

(+ 81)03-5834-7025

メールアドレス: Add your email in Settings -> General Info

日本、東京都台東区谷中3−13−7

キャンセルポリシー: 

-体験希望日時の2日前の17:00東京現地時間以降にキャンセルされた場合は、全額の100%の料金(税込)が課金されます。

-予約は支払い完了後に確定されます。

茶道スケジュール
茶道‗1.jpg
yanesenに集合

yanesenツーリストインフォメーション&カルチャーセンターに、開始時間15分前に集合し、茶室へ向かいます。
古い茶器を傷つけないため、アクセサリーは全て外すようお願いいたします。

躙り(にじり)口から茶室に席入り
%E8%8C%B6%E9%81%93%E2%80%972_edited.jpg

茶室の入口は躙り口(にじりぐち)といわれ千利休が考案しました。身分の高い人も頭を下げなければ入れない小さな入口になっており、茶室の中は皆平等という考え方を表しています。
かの秀吉も頭を下げて席入りしました。

掛け軸の禅語や、茶器の説明
%E8%8C%B6%E9%81%93%E2%80%973_edited.jpg

”明珠在掌”や”一期一会”といった禅語を皆さんで確認します。
茶道の掛物は高僧や宗匠の禅語が尊ばれ、その掛物を選んだ亭主の想いを理解し、茶を楽しむ前に心を整えます。

%E8%8C%B6%E9%81%93%E2%80%974_edited.jpg
抹茶を頂く

亭主(お茶をたてる人)から、お茶をふるまわれます。
隣の方に手をついて先に頂きますの意味を込め、「お先に」と言います。
また、正面を避けるためお茶椀を回し、3回程度に分けてお茶を頂きます。

お茶をたてる

お茶を全員が頂いた後、本格的な茶器を使いお茶をたてます。
古くからの茶器である茶杓、茶筅、お茶碗を使い、本物の茶道を体験してください。