外国人向け観光案内施設 ツーリストインフォメーション YANESEN > 和文化体験 > ●茶道

文化体験

●茶道

席入り

つくばい(蹲踞、蹲)

 席入り前に「つくばい」で手を清めます。
sadou02
つくばいとは日本庭園の添景物の一つ。
本格的なものは「手水鉢(水鉢)」を中心に
「前石」「手燭石」「湯桶石」「水門(海)」で
構成され、露地(茶庭)に設置されます。

手水で手を洗うとき「つくばう(しゃがむ)」
ことからつくばいの名前がつきました。
席入りする前に手水鉢(ちょうずばち)から
柄杓一杯の水をとり、手を洗い身を清めます。

 

にじり口

 茶室の入り口である「にじり口」は頭をかがめて入ります。
sadou01
そこには武士も商人も身分の差なく
同じように頭を下げなければ入れない、
茶室に入れば平等であるという意味も
込められていたようです。

武士も刀をとって茶室に入るよう
にじり口の上には刀掛(かたながけ)と
いって刀を預けておく掛け具があります。

 

お点前(おてまえ)

道具拝見

 床前に進み、床の間の掛物と、花、花入または香合(こうごう:香を収納する蓋付きの小さな容器)を
 拝見します。
sadou03

 

 

 

 

 

 

ご挨拶

sadou04

 

 

 

 

 

 

お菓子をいただく 

 水屋からお菓子の盛られた器が運ばれます。お運びの方に一礼してお菓子をいただきます。
 お茶が運ばれてくるまでにお菓子を食べ終え懐紙もしまっておきます。
sadou05

 

 

 

 

 

 

抹茶をいただく

 茶碗が自分の前に置かれたら、運んで下さった方に一礼して、茶碗を
 縁内(へりうち:自分が座っている畳の縁の内側)に取り込んで、自分より
 上座の方との間に置きます。
 まだお茶を運ばれていない隣の人に「お先に」と挨拶して、茶碗を膝前に
 置き直し、「お点前、頂戴致します」と一礼してからお茶をいただきます。
sadou06
sadou08sadou07

 

 

 

 

 

 

お茶をいただいた後は
そのお茶碗を拝見し
お運びの方に向けて
縁外(へりそと:自分が
座っている畳の縁の外側)に
置いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

茶筅でお茶をたててみましょう

sadou09

 

 

 

抹茶の表面がクリームのように滑らかで
きめ細かな泡になるよう泡立てます。

 

締めのいちまい!

sadou010

 

 

 

みなさんも茶道体験に
お越しくださいませ。

 



このページの上部へ