外国人向け観光案内施設 ツーリストインフォメーション YANESEN > 当日できる文化体験 > ◆茶道

当日できる文化体験

◆茶道

茶道 約60分  1人:5,800円 2人以上:4,850円/人(生菓子付・税込)  英語通訳付き

sadou

茶道体験

 

初心者の方はもちろん、海外からのお客様にも楽しみながら日本の伝統文化の素晴らしさを知っていただけるよう当茶室では1名様よりプライベートで茶道体験を行っております。(ご予約は2ヶ月前より承っております。)

 

 

 

にじり口より席入り
にじり口より席入り

にじり口より席入り

にじり口

にじり口

茶室の入口はにじり口といわれ千利休が考案したものです。

身分の高い人も頭を下げなければ入れない小さな入口になっており茶室の中は皆平等という考え方を表しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作法について

dsc%e8%8c%b6%e9%81%93%e4%b8%ad%e6%9d%91%ef%bc%93

茶道の作法には1つ1つに意味がありますが、講師が分り易く説明いたします。
 
講師のお点前でお菓子と抹茶を召し上がっていただいた後、お客様ご自身もお茶を点てていただきます。

 

 

 

 

炭を使った伝統的な設え

当茶室では炭でお湯を沸かしています。

dsc_%e7%82%ad2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

炉と釜

炉と釜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子

dsc_%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e9%bb%92%e6%96%87%e5%ad%97
お茶が点てられる前にお菓子が運ばれてきます。
お菓子を懐紙に取り、食べやすい大きさに切っていただきます。

 

 

 

 

 

帛紗(ふくさ)
dsc_%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%951-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
道具を清める前に帛紗を折りたたむことを”ふくさをさばく”といいます。茶道の根本は仏法(禅)の教えと中国の陰陽五行が深く関わっていて、濃茶入など大切な道具を清める場合に行う四方捌きには茶室の東西南北を清める意味があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
抹茶
dsc_%e6%8a%b9%e8%8c%b6_d抹茶は茶園にヨシズとワラを使って直射日光を遮り栽培し、若葉を蒸して乾燥させ葉の部分だけを茶臼を使って粉末にします。直射日光を遮ることで茶葉が薄くなり、うまみやコクが増します。濃茶は茶杓3杯に少なめのお湯を入れて点てます。薄茶は濃茶の半分の量を多めのお湯で点てます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お茶をいただく(飲み方)


dsc_%e8%8c%b6%e7%a2%971

お茶が運ばれてきましたらお茶碗の3時の位置を持ちます。

 

 

 

 

 

 

 

dsc_%e8%8c%b6%e7%a2%972左手の平に乗せて時計回りに2回まわします。

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc_%e8%8c%b6%e7%a2%97%e9%a3%b2%e3%82%80お茶はゆっくり3~4回に分けて飲みます。
最後の一口は音をたててすすり、美味しくいただいたことを表します。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

ご自身で体験
茶道体験

茶道体験

講師のお点前でお菓子と抹茶を召し上がっていただきお客様ご自身も体験ができます。

 

 

 

 

 

 

 

ご予約/午前10時〜午後8時でご希望時間をお知らせください。

所要時間/60分

料金/1名様5,800円  2名様より4,850円/1名様 生菓子付き (税込) 英語通訳付き

茶道体験はプライベートになりますので他のお客様とご一緒にはなりません。

※正座のできないお客様には椅子をご用意いたしております。

 



このページの上部へ