外国人向け観光案内施設 ツーリストインフォメーション YANESEN > ご案内 > 私たちの考え方

ご案内

私たちの考え方

外国人観光客に日本の印象を訊くと「町がきれい」「親切で礼儀正しい」「物が盗られない」といった答えが多く聞かれます。

東日本大震災のときも海外のメディアは被災者の節度ある行動を驚きの気持ちをもって報道していましたが諸外国のひとびとにとって、日本人の行動や礼儀正しさを不思議に思う人も多いようです。

日本の伝統文化には茶道、書道、武道のように「道」のつくものが多くありますが、それらは技だけでなく人間性を磨き社会の規範を身につけるものでした。

現代では伝統文化を習う人はごく少数ですが、その精神は暮らしのなかに受け継がれています。

私たちはそんな伝統文化の体験を通して日本人の考え方や価値観を知ってもらい 国際社会で日本の理解が深まることを目指しています。  

文化体験の内容たとえば茶道であれば、にじり口(茶室の入り口)が小さく作られている意図やお茶碗を回す理由など作法の意味を説明しています。

陶芸では実技の前に「わび、さび」を作品で解説したり、生け花では非対称の美しさ、着物では「雅、粋」など日本人はどのようなものを美しいと感じ何を大切に暮らしているのか、日本人の美意識 や価値観を伝える内容を心掛けています。

また蕎麦打ちでは年越し蕎麦の風習や職人の心意気など体験を通して暮らしの文化を伝えています。 

外国人観光客の感想、お礼メールの内容は日本の人たちとの交流に関するものがほとんどです。

一般的に外国人旅行者はお客さまとしてもてなされることはあっても日本人との交流がないまま帰国していますので、体験を通して心の交流ができたことがプログラムの評価になっています。

 



このページの上部へ